カテゴリ:POG( 6 )
なぁ、、、そろそろ はじめようよぉ ~ニュービギニング~
a0017682_10504080.jpg
a0017682_1365430.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2006-12-03 10:50 | POG
色んな所に登録しております
a0017682_1923327.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2006-06-29 19:23 | POG
POG 戦線に異常あり
今年はこの2頭を軸として戦います
勝つぞぉおおおお!!
えいえいおーー

a0017682_20232893.jpg
a0017682_20233739.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2006-06-17 20:24 | POG
某所POG大会で
こんな感じですぉ・・・・・・・
a0017682_19552950.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2006-05-13 19:55 | POG
POG 2005~06  ~来年に向けて~
今年も桜花賞、皐月賞が終わり、2005年度からのPOGも終焉を迎えようとしております
今年の結果も散々な結末に終わりそうです・・・・・orz

ドラフト会議は第一指名のオンファイアを初めとして大体、想定内の馬を得られたのにも関わらず、既に入厩してた馬の故障、死亡が相次いだ為に勝ち鞍どころか出走も間々ならず、オンファイアとグランプリゲイトの2勝だけに留まりそうです

こんな成績に終わった今年選んだ馬の殆どが 『超良血』 といわれる馬なのですが、POGなどで人気があった馬はPOG期間中は未勝利に終わっても意外の知らない間に勝ち上がったりしてきて、まったく予想外の路線や距離で高いパフォーマンスを見せてくれる事もあるので、その辺に期待して今後も応援していきたいと思います。

今年(06)のPOG戦線の豊富を述べておくと、今年はジャングルポケット、タニノギムレット、マンハッタンカフェなどの社台系の種牡馬が登場してきます。 去年、アグネスタキオン産駒が2歳時、異例の好ダッシュを見せたのにも関わらず、その成長度やクラシックディスタンスへの適応力がやや疑問符が付いた所に、これらの新種馬がそれらをいかに克服できるかに焦点があたります。

まずはこれらの種牡馬の産駒の期待馬を挙げておこう

エタニティーローズ
牝 黒鹿毛 2004/05/08 新冠町 ビッグレッドファーム 越野正行
父 ジャングルポケット  母 マイネガイア 母父 サンデーサイレンス  マイネミレー
(美浦)内藤一雄

スズカギャラクシー
牡 黒鹿毛 2004/04/30 平取町 稲原牧場  永井啓弍
父 マンハッタンカフェ  母 ワキアオブスズカ  母父 ダンスオブライフ  ワキア
(栗東)橋田満

メジロラスタバン
牡 黒鹿毛 2004/04/26 洞爺村 メジロ牧場 有限会社メジロ牧場
父タニノギムレット  母メジロラモーヌ  母父 モガミ   メジロヒリユウ
(美浦)奥平真治
[PR]
by gaiya__SPW | 2006-04-20 19:27 | POG
POG05-06 決意表明
POG05-06がスタートしました。

早くも一週目にして 当HPの指名の新馬を3頭が突破しました。
今年も高レベルの戦いが期待できると確信しております。
しかしながら、私も まったく 負ける気がしません!
てか、負けたくなーーーーーーぃ のであります!
正直いって馬体を見れる人間ではありませんが、競馬とは血が織り成すドラマ、競走馬はその血に逆えないと認知する私としてはPOGは競馬を最大限に楽しむ真髄に付随すると感じます。
今年はドラフト制を投入して、必ずしも納得した馬が取れてないと仰る参加者(私も含めて)も居られますが、もしかしたら、それが歩むべき道、出会うべき運命の馬と信じて、血の熱き戦いを見守ろうではありませんか!
これから一年間、色々と更新等の間違いがあるかと思いますが、皆様の広き慈愛と雄大な心で叱咤、激励を頂ければ嬉しい感じる次第です

まずは私の指名馬10頭に関する情報に関しのコメントをダラダラと書いて行こうと思います

1位指名
オンファイア 牡 父 サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘアー
BMS Alzao 3月26日生/北海道早来・ノーザンファーム産
美浦 藤沢厩舎 馬主 サンデーR

ブラックタイド(スプリングS)、現在、2冠馬ディープインパクトの全弟であり5歳デビューでありながら条件戦を5連勝してスプリンターSを4着と粘ったレディーブロンド(父Seeking the Goid)の半弟の本馬。NHKマイル覇者ウインクリューガーの従兄弟でもある。
厩舎は東のNo.1ホースマン 藤沢厩舎が管理することになった。この馬をどのようなローテーションで使ってくるか非常に興味が集まる処である。(早めに北海道 に入厩らしいが・・・)
馬体については毛色はディープインパクトに似ている気がする 
『POG丸ごと』によるとBタイドとDインを足して割った感じで、Dインよりだいぶ大型で同時期のDインより幼い感じなんだとか。この辺 少し 地雷ぽい匂いがしない事もないんですが・・・・。
気性的にはDインよりユッタリしているそうですが、とにかく今後の調整過程で、柔軟性と心肺能力が養われていくかが競走馬としての能力のキーポイントになることは言うまでもありません。

a0017682_21414171.jpg

サンデーR コメント
いまや名牝として名の知れ渡った母と、偉大な父から無限の可能性を受け継いだ一頭です。美しいラインで描かれた力強く安定感のある馬体は品の良さを漂わせ、写真からも筋肉の柔らかさが手に取るように伝わるのではないでしょうか。放牧地ではしなやかに伸びた四肢が体を一回り大きく見せ、あっと言う間に他馬を抜き去る非凡な瞬発力からは迫力や凄みを感じます。兄ブラックタイドとはタイプの違う従順で我慢強い性格をしており、レースでは持ちうる能力を存分に発揮してくれるでしょう。願いはもちろんクラシック制覇です。

そして、この馬に課せられた宿命を記述しておきます。そのふたつの宿命は次の事柄です
『サンデーRの馬は重賞で一人気で勝てない』、『藤沢+SS=ダービー2着どまり』という二つの十字架を背負っている。一つ目に十字架は去年のサムライハートが打破する【筈】だったのがだ・・・。 そのRevengeとして、この馬を一位指名にしました。もちろんHPを盛り上げる(?)為にもこの馬にはクラシック戦線で大暴れをして欲しいのですが、些かDインの活躍でそれ以上の活躍を望むの酷かもしれない、それに付け加えて、先述した『 DインとBタイドの中間的 馬体 』はあまれり望ましくない事だし、藤沢先生がDインが歩んだ様な完全に絵に描いた王道を選択した場合は、かなりのリスクを背負い込む。そのリスクとは即ち、『どこかで負けたら、クラシック自体の出走が叶わない』と事になりかねない ・・・_| ̄|○。
私の希望的な印象としてはマイル戦などを使ってG1などのスピードにも対応できるような路線選択&調整がベターであると思う。

オンファイア 予想能力ビーム
a0017682_19264681.jpg



しかし思ゐは一つ!
兄弟、ダービー目指して がんばれ オンファイア! 私の心に火をつけて!

P.S  
YAHOO 『 on fire 』 と検索したら 『 火事に関して 』って出たんですけど・・・・
誰か 馬名の 意味が分かったら 教えてください
 
次回は2指名パルジファルのコメント予定
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-20 18:34 | POG