<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
英雄は次の空を すでに翔る
画像をクリックするとが大きくなります

a0017682_22194422.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2005-05-31 22:22 | 競馬
オークスと目黒記念と僕と嫁
今週はオークス週間
それを知ってか知らずか、嫁が今週のレースはなに?
って聞いてくる。タブン 嫁様が買う馬券は外人のあの人だと思われる

この数年 キレイにとったオークスの馬券は
2000年 シルクプリマドンナ-チアズグレイス
2001年 レディーパステル-ローズバド だけである
しかも この2年のオークスはガクブルですた。

パーターン的には2、3番手評価の紐の中穴、穴馬(ダイワエルシエーロ、チューニー
!!!―――キタ――ヽ((゜〇゜;゜〇゜) ノ ―キタ―――――!!!

けどけど、大本命のアドグル、ダンス
!!!―――コナヒ――ヽ((゜〇゜;゜〇゜) ノ ――コナヒ―――――!!!

ってパターンである
今年はシーザリオが大本命なんだが。。。。さてどうなるやら
いまんとこスペシャルウイーク産駒ってことしか スキがないんですよすよねぇ
まぁ、既に2400mに適正のあることが実証されているSS産駒を頭にとるべきか・・。迷ってます

うんで うんで 今週は目黒記念もあるんすよねぇ
目黒記念で思い出される馬は・・・・・・ステイゴールドです。
阿寒湖特別以来 無敵のシルバーコレクター スティゴールド
(沢山のファンがいた馬でした、いろんな意味で)
G1 98’天皇賞2着、98’宝塚記念2着、98’天皇賞・秋2着 99’天皇賞・秋2着 
など強い馬相手では 眼を見張る パフォーマンスを見せたかと思えば
全然格下の馬相手で 鼻歌歌いながらでも 勝つんちゃうか?
と思わせて あっさり凡走
しかも パドックでとても良く見えた時に限って 

そんなスティゴールドが2000年 目黒記念 武豊騎手を鞍上に
28戦ぶりに勝利を挙げたのが目黒記念である。
そして二人でたまたま車のラジオで聞いた目黒記念
スティゴールドの勝利に目頭が熱くなって、思わずホロリと涙した私
そしてスティゴールドの過去の戦歴と苦悩を熱く語る私と黙って聞いてくれた嫁様
当時、テイエムオペラオーに席捲されていた競馬界
嫁様が始めて覚えた馬はテイエムオペラオー
そして2番目に覚えた馬名がスティゴールドでした
a0017682_20581168.jpg

(そして翌日、私は彼女にプロポーズした記憶があります)
負けても、負けても スティゴールドは歩み続けた
私も負けても、負けても・・・・ イヤ、勝ったり、負けたりしながら
いつかくる黄金旅程を夢見て歩み続けたい
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-05-20 20:58 | 競馬
POG 新たなる夢想~
POGを開催して初めてのダービー、オークス迎えようとしている。
一年前にCGIを設置して苦戦しながらも更新を繰り返してきた。
我が指名馬はアドマイヤフジ以外は低調な結果に終わりそうだ
(それもオレの期待には程遠いが・・・・・)
私はみんなから『 超良血指名 』と名指しされている
確かにそのとうり、私は自然と東京2400mを意識した良血ばかりを指名している
それでも勝てない、それがPOGであり競馬である事を今実感している。
去年は3冊以上のPOG関連の本を揃えた。
舐る(ネブル)ようにそれらの本を対峙したのに、この結果は正に『完全敗北』と言わざる得ない
しかしながら、一番困った事は、今年の失敗の理由と来年にかける有効な修正点が見出す事ができない現状である。
さらに今年からはドラフト制を採用した事で更に頭を悩める所だ。
今年は最強サイヤー サンデーサイレンスがラスト産駒を迎える正に近代競馬の区切りであり、ターニングポイントになりうる年になりそうである。
a0017682_212285.jpg

サンデーサイレンスの日本競馬における存在はPOGに於いてもかなり重要なファクターを占めている事は言うまでもないが(SSキチも反SSにとっても)今年は来年からのクラシックの展望と平行して最強サイヤーの看板を受け継ぐ馬を見い出す糸口を掴みたい。
とにもかくにも、今日買ってきた2冊をドラフトまでに納得いくまで舐ってみよう。
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-05-14 20:57 | 競馬
今度はコレかな?~鬼武者3~
ケンシロウとの戦いに疲れ
そろそろお手馬ならぬ お手スロ機が欲しい所です
しかしながら、ゲーム性や利益率より『 見た目 』を優先する私・・・・困ったもんです(汗
そこで 選んだのはコレ!~鬼武者3~
とにかく液晶がでかいです。はっきり言って眼が疲れますw
でもキャラがなんかオレ好みなんですよぉ
ストリー展開とか舞台設定とか よく分からない部分もあるとはいえ大量獲得711枚が獲得可能な機種であります ハィ
まぁBAR食らったら かなり欝ですけど ハィ
そろそろ脱ケンシロウ 脱北(北朝○じゃないよぉおおおおおお
a0017682_22232652.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2005-05-12 22:08 | スロット
KAIBUTU → UFA
その時理由なき落馬ノーリズンが蘇った、落馬こそしなかったが4馬身差の出遅れ、万事休すか!と思われた。 この後の展開予想は追走に脚を使って最後伸びきれずか 最高峰待機で差し届かずのどちらかと思われた。しかし、すぐに立て直して豊も馬も落ち着ちつき、いい流れでまくっていって4コーナーで船団にと付くと直線で末脚を炸裂!。 しかし、このkaibutuは過去の名馬と言われる差し馬のパワー溢れる爆発的な炸裂とは異なり、なにか風を掻くような前脚はリズムカルに空間を突き抜けていく感じである。天才・武豊はいったい鞍上でどんな我々の知りえない風を感じたのであろうか。授賞式で嘗て岡部がルドルフの鞍上でそうしたように一冠目と一本指を立てた豊、ダービーへの信頼は皐月という舞台ではますます揺らぎ無き気持ちの表れか。レース後 『空を飛んでいたようでしたと』 コメントする武豊、その力はG1の舞台でも未だ底を見せず、その全能力は未確認、未確定である。UFO(未確認飛行物体、 UMA(未確認生物)でもなくUFA(未確認飛行動物)と呼ぼうじゃないか



News source スポニチアヤックス

“空飛ぶ衝撃波”が圧倒的な底力で1冠を獲得した。牡馬クラシック第1弾「第65回皐月賞」が17日、中山競馬場で行われ、単勝130円の断然1番人気に支持されたディープインパクトが出遅れながら豪快に差し切り。2着シックスセンスに2馬身半差の快勝で1冠を手にした。94年ナリタブライアン以来、夢の3冠を予感させる勝ちっぷりに8万5000観衆がどよめいた。
a0017682_1131216.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2005-05-04 11:30