<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
~悲しき逃げ馬の苦悩~
一番人気で7着で敗れた、タップダンスシティーがレース後、左前足の負傷が判明した
29日以降放牧に出され、怪我の状態を見ながら日進牧場に移動するとの事。
気になる今後のローテーションは 『現役続行を含め、秋のローテーションについては未定。凱旋門賞には向かいません
栗東・佐々木晶師コメント
「自分のレースをして馬がやめてしまったんだから仕方ない。何年やってもつかみづらいところのある馬だね。 歳なのかな・・・・

私はタップダンスシティーの信者でもないし、事実、この馬を蹴飛ばした馬券ばかりを買いあさってきた。 しかし、この記事を見た時かなりの不快感を覚えた。

 タップダンスシティーのような逃げ馬の特性はレースの緩急で着順が大きく変わってくる。
同型馬の存在の有無が終いまでのスタミナと切れを左右するのは言うまでもない。
宝塚記念はコスモバルクという存在が一定の緩急ペースを崩し、息の入らない展開にしてしまった。 
 大外枠からのスタートも5Fまでのラップも去年と全く同じなのに6Fで先頭のコスモバルクが後ろからのストレスに我慢できないように一旦暴走気味に脚を伸ばした時、タップダンスシティーもそれを追いかけてしまった。 人気を背負った馬なら仕方もないとも思える。 それでも、そこから一旦息を入れてペースを作り直すにしても、後続馬はもっと楽なペースで追走してきているのであるから勝つために必要なアドバンテージを保つ事ができる可能性は極めて低い。

金鯱賞を勝った時 『歳を重ねる度に、状態はよくなってきている。 毛艶なんてピカピカしてる自分のレースが出来れば勝てます』 
とコメントをしてた師、自らレース結果によって、その見解をあっさり否定し引っ込めてしまう。 
こんなくだりを見ていると、どうしてもレースの見解、使い方を予定調和としか見ていないのではないかと疑いたくもなる。
そもそもタップダンスシティーは去年の有馬記念を最後に引退表明をしていた。 
それをあっさり撤回して、自らの判断で再び現役続行と凱旋門賞へチャレンジを表明した馬に対しての事であるから余計にその念は深くなる。

小説の一説の一節
『自分の人生を追い込み馬にダブらせる事はあっても逃げ馬にダブらせる人間は殆どいない。
追い込み馬のような人生は 『 いつか、追いついて、いつか追い抜いてやろう。 いか・・・ いつか・・・・・ いつか・・・・ いつか 』
追い込みの人生が実現するなら、非常に鮮やかで強烈なインパクトを周囲に浴びせる

それに対して、『逃げ馬』はいつも自分を律しながら寡黙に自分の道を自分で切り開きいて行かなければならない。 『追い込み馬』 の 『 いつか 』 はかなり猶予のあるものであるのに較べて逃げ馬はいつも、毎回後ろから来る見えない馬を警戒しながら全力を尽くして立ち回ることを宿命となる。
その戦い方は 『 追い込み馬 』 の戦い方と較べてもプレッシャーのかかる消耗戦の筈なのに 『追い込み馬』 のそれと比べ随分、地味に映ることが大半である。

結論としては、全力を尽くして他馬を掌握して完封する事で初めて勝利を掴み取る逃げ馬は、タップダンスシティーの様な 『 色々な逃げ方 』 が出来る馬をもってしても毎回、そのような完璧な競馬をする事は極めて難しいという事である。
であるからして、たった一回の敗戦で一旦、引退を覆してまで戦ってる管理馬の評価をころころ変える事に激しく不信感を抱かざる得ないと言う事である。

最近の競馬界はそれぞれの馬に適した舞台を模索して、国外のレースに数多くチャレンジするようになった。 コアな競馬ファンなら我らが大将が世界でどれだけ通用するんか見たい訳だし歓迎するき風潮であろう。 タップダンスシティーにも凱旋門賞にロブロィと共に是非とも挑戦して欲しかった。 (国内のレースが主役無き G1になることを割り引いても) しかしながら、海外のレースに出す以前の大前提で馬の特性をより広き眼で見抜lき、より広い見解(年齢とか状態とかだけでなく)で馬を育てて欲しいと強く感じると共に競争馬はどんな環境の元に生まれ、どんな人の元に育てられ、どんな騎手に出会うのかが運命を左右するのだと改めて感じました。
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-28 21:14 | 競馬
POG05-06 決意表明
POG05-06がスタートしました。

早くも一週目にして 当HPの指名の新馬を3頭が突破しました。
今年も高レベルの戦いが期待できると確信しております。
しかしながら、私も まったく 負ける気がしません!
てか、負けたくなーーーーーーぃ のであります!
正直いって馬体を見れる人間ではありませんが、競馬とは血が織り成すドラマ、競走馬はその血に逆えないと認知する私としてはPOGは競馬を最大限に楽しむ真髄に付随すると感じます。
今年はドラフト制を投入して、必ずしも納得した馬が取れてないと仰る参加者(私も含めて)も居られますが、もしかしたら、それが歩むべき道、出会うべき運命の馬と信じて、血の熱き戦いを見守ろうではありませんか!
これから一年間、色々と更新等の間違いがあるかと思いますが、皆様の広き慈愛と雄大な心で叱咤、激励を頂ければ嬉しい感じる次第です

まずは私の指名馬10頭に関する情報に関しのコメントをダラダラと書いて行こうと思います

1位指名
オンファイア 牡 父 サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘアー
BMS Alzao 3月26日生/北海道早来・ノーザンファーム産
美浦 藤沢厩舎 馬主 サンデーR

ブラックタイド(スプリングS)、現在、2冠馬ディープインパクトの全弟であり5歳デビューでありながら条件戦を5連勝してスプリンターSを4着と粘ったレディーブロンド(父Seeking the Goid)の半弟の本馬。NHKマイル覇者ウインクリューガーの従兄弟でもある。
厩舎は東のNo.1ホースマン 藤沢厩舎が管理することになった。この馬をどのようなローテーションで使ってくるか非常に興味が集まる処である。(早めに北海道 に入厩らしいが・・・)
馬体については毛色はディープインパクトに似ている気がする 
『POG丸ごと』によるとBタイドとDインを足して割った感じで、Dインよりだいぶ大型で同時期のDインより幼い感じなんだとか。この辺 少し 地雷ぽい匂いがしない事もないんですが・・・・。
気性的にはDインよりユッタリしているそうですが、とにかく今後の調整過程で、柔軟性と心肺能力が養われていくかが競走馬としての能力のキーポイントになることは言うまでもありません。

a0017682_21414171.jpg

サンデーR コメント
いまや名牝として名の知れ渡った母と、偉大な父から無限の可能性を受け継いだ一頭です。美しいラインで描かれた力強く安定感のある馬体は品の良さを漂わせ、写真からも筋肉の柔らかさが手に取るように伝わるのではないでしょうか。放牧地ではしなやかに伸びた四肢が体を一回り大きく見せ、あっと言う間に他馬を抜き去る非凡な瞬発力からは迫力や凄みを感じます。兄ブラックタイドとはタイプの違う従順で我慢強い性格をしており、レースでは持ちうる能力を存分に発揮してくれるでしょう。願いはもちろんクラシック制覇です。

そして、この馬に課せられた宿命を記述しておきます。そのふたつの宿命は次の事柄です
『サンデーRの馬は重賞で一人気で勝てない』、『藤沢+SS=ダービー2着どまり』という二つの十字架を背負っている。一つ目に十字架は去年のサムライハートが打破する【筈】だったのがだ・・・。 そのRevengeとして、この馬を一位指名にしました。もちろんHPを盛り上げる(?)為にもこの馬にはクラシック戦線で大暴れをして欲しいのですが、些かDインの活躍でそれ以上の活躍を望むの酷かもしれない、それに付け加えて、先述した『 DインとBタイドの中間的 馬体 』はあまれり望ましくない事だし、藤沢先生がDインが歩んだ様な完全に絵に描いた王道を選択した場合は、かなりのリスクを背負い込む。そのリスクとは即ち、『どこかで負けたら、クラシック自体の出走が叶わない』と事になりかねない ・・・_| ̄|○。
私の希望的な印象としてはマイル戦などを使ってG1などのスピードにも対応できるような路線選択&調整がベターであると思う。

オンファイア 予想能力ビーム
a0017682_19264681.jpg



しかし思ゐは一つ!
兄弟、ダービー目指して がんばれ オンファイア! 私の心に火をつけて!

P.S  
YAHOO 『 on fire 』 と検索したら 『 火事に関して 』って出たんですけど・・・・
誰か 馬名の 意味が分かったら 教えてください
 
次回は2指名パルジファルのコメント予定
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-20 18:34 | POG
馬券考察 ~穴党の思考~
東京優駿(中央 JAR) 東京ダービー(大井)が終了した
結果は東京優駿・ディープインパクト(単110円)東京ダービー・シーチャリオット(単100円)
と馬の評価は別として驚くほどの本命路線で決まったのである。

このような大本命のレースはどのような切り口で馬券を買うべきなんでしょうか?
『 こんなのケソ が一番!』と言われればそれまでなんですけど・・・  _| ̄|○
穴党を自負する人はどのような馬券を買われたでしょうか?

穴党の馬券の買い方を決めるプロセス考えられるケース
としては 次のような事が考えられる

1. 人気馬を黙って消して、勝ち負けしそうな馬をピックアップする
2. 全馬から勝ち負けしそうな馬をピックアップして、高配当になりそうな
   組み合わせの馬券だけを買う
3. 自分が評価以上の配当が高い馬の馬を買う(期待値論(?))

さてさて 実際の所は どうゆうプロセスが勝利の方程式により合理的なんでしょうかねぇ?
実際に仮想でもデーター取りしてる人がいたら良き回答をお願いします

とにもかくにもディープインパクト・シーチャリオットが出馬する秋のレースには再び、一本被りのレースとなると思うので、その時この馬券考察を再見してみたいもんだと思います。

話は前後しますが、皆さん、東京ダービーのレース映像みましたか?
お暇なら一度見てみてください

アナウンサー実況
『シーチャリオット!シーチャリオット! 早くも2番手 シーチャリオット!
シーチャリオット! 抜け出した!シーチャリオット!シーチャリオット!
シーチャリオット! ご覧下さいこの強さ! シーチャリオット!シーチャリオット!
シー チャリオット! シー チャリオット! シー チャリオットシーチャリオッぉぉおおおお』

なんだか 笑っちゃうような贔屓な実況ですが
 『おらが町で スターフォースが出現したぞ! 待ってろ!中央よ!打倒・中央!』 みたいな感じで 俺達が馬券を買って育てた馬はすげぇ 強いぞ 馬鹿やろう!みたいな感じで勝ち馬を讃える気風に少し暖かい気持ちになりました。
(ディープインパクトに対するマスコミの扱いとは少し異なるような感じはする)


ディープインパトとシーチャリオットの単10円の差はこの辺に在るのとか思ったりしました。

ライブ映像はここから
a0017682_81966.jpg

  






 
[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-11 08:26
オムライスを おいしそうに食ってた男へ


「  やあ(´・ω・`)  」

キミのお馬がダービー走ったね
残念ながらこんな 写真しか撮れなかったよ
とりあえず加工して キミの馬を真ん中にしといた事に関しては恩にきる必要はないよ。
東京で世話してくれたキミへのスコシばかりのお礼にでもなればと思っただけですよ。
ところで キミはどこで観戦してたのだね? 
あぁ、 『 僕はここに居る 』 みたいなのは キライだったね
でも、来年こそは自分の好きな馬の名前を叫べる熱い人間に成長して
自分の位置を示せるように成ってくれることを期待してるよ
好きなオンナに好きって言える事と同じくらい難しいかもしれないけどね・・・。
ブッ!! ( ゚ 3゚)・`;:゙;`;`


【画像をクリックするとが大きくなります】
becomes big when I click an image
a0017682_22451469.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-02 21:31 | 競馬
拳は 天を 突き抜けるが如し
画像をクリックするとが大きくなります
a0017682_2151854.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2005-06-01 21:05 | 競馬