<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
SPAT4 導入
南関東4競馬場(浦和・船橋・大井・川崎)、および地方競馬の主要ダートグレード競走などがPCから投票できるSPAT4を手に入れました。
(ええねんかぁ、、 ええねんかぁ。。。これ以上ええねんかぁああああああ)←心の声
a0017682_734297.gifVECTORのソフトなどからタイマー投票できソフトを利用していろいろ試してみたいと思う。
しかしそのタイマー投票を遠隔解除する方法が無いのが怖い気もするが・・・・・・
しかし地方はネットでLIVE映像をちゃんと流してくれるからええね
JRAも施工レースは勿論、過去のレースを無料配信するべきやよねぇ
売り上げ伸ばすの努力が的外れで案外簡単な事をしてない気がしますよね?
はやりお役所仕事か\\\\
 
VECTORの投票用お勧めSOFTの紹介
IPAT Entry2 2.6.2
JRA IPATでのID、パスワードの入力をボタン押下するだけに、解決 オッズ投票機能も追加
( フリーソフト WindowsNT/2000/XP:アミューズメント:ギャンブル:競馬)

Spatcrew 1.09
SPATへログイン、ネットバンク入金、メモ帳書き投票、タイマー投票
(フリーソフト WindowsNT/2000/XP:アミューズメント:ギャンブル:競馬)



   

次はD-NETか (´・ω・`)ペ               a0017682_740303.gif
[PR]
by gaiya__SPW | 2006-04-20 21:28
POG 2005~06  ~来年に向けて~
今年も桜花賞、皐月賞が終わり、2005年度からのPOGも終焉を迎えようとしております
今年の結果も散々な結末に終わりそうです・・・・・orz

ドラフト会議は第一指名のオンファイアを初めとして大体、想定内の馬を得られたのにも関わらず、既に入厩してた馬の故障、死亡が相次いだ為に勝ち鞍どころか出走も間々ならず、オンファイアとグランプリゲイトの2勝だけに留まりそうです

こんな成績に終わった今年選んだ馬の殆どが 『超良血』 といわれる馬なのですが、POGなどで人気があった馬はPOG期間中は未勝利に終わっても意外の知らない間に勝ち上がったりしてきて、まったく予想外の路線や距離で高いパフォーマンスを見せてくれる事もあるので、その辺に期待して今後も応援していきたいと思います。

今年(06)のPOG戦線の豊富を述べておくと、今年はジャングルポケット、タニノギムレット、マンハッタンカフェなどの社台系の種牡馬が登場してきます。 去年、アグネスタキオン産駒が2歳時、異例の好ダッシュを見せたのにも関わらず、その成長度やクラシックディスタンスへの適応力がやや疑問符が付いた所に、これらの新種馬がそれらをいかに克服できるかに焦点があたります。

まずはこれらの種牡馬の産駒の期待馬を挙げておこう

エタニティーローズ
牝 黒鹿毛 2004/05/08 新冠町 ビッグレッドファーム 越野正行
父 ジャングルポケット  母 マイネガイア 母父 サンデーサイレンス  マイネミレー
(美浦)内藤一雄

スズカギャラクシー
牡 黒鹿毛 2004/04/30 平取町 稲原牧場  永井啓弍
父 マンハッタンカフェ  母 ワキアオブスズカ  母父 ダンスオブライフ  ワキア
(栗東)橋田満

メジロラスタバン
牡 黒鹿毛 2004/04/26 洞爺村 メジロ牧場 有限会社メジロ牧場
父タニノギムレット  母メジロラモーヌ  母父 モガミ   メジロヒリユウ
(美浦)奥平真治
[PR]
by gaiya__SPW | 2006-04-20 19:27 | POG
ベガヒストリー ~皐月賞への思い
1993年の桜花賞、優駿牝馬(オークス)の牝馬クラシック二冠を制した競走馬であり、歴史に残る名牝の一頭ベガ。牝馬三冠がかかったエリザベス女王杯は、優駿牝馬以来約5ヶ月間ぶり出走のせいか、伸びきれずホクトベガの3着に敗れた。その際関西テレビの馬場鉄志アナウンサーによる「ベガはベガでもホクトベガです」との実況は、名フレーズの一つに数えられている。
社台ファーム期待の血統ではあったが、生まれつき脚が曲がっていたため庭先取引の話はなかった。セリ市では「お代はいくらでもかまいません」の立て札が立てられたが、それでも買い手が付かなかった。仕方なく生産者の妻である吉田和子の所有馬としてデビューしたのだが、結果的に当初の予想をはるかに上回る好成績を残した。
繁殖牝馬入り後、初仔のアドマイヤベガのダービー制覇を皮切りにアドマイヤボス、アドマイヤドンなどの子供達を送り出すなどまさに日本競馬界屈指の名牝馬の地位を構築させた。

私はアドマイヤベガが大好きで、もっとも競馬にのめり込んでいた時代のダービー馬としてその末脚は今も心にいまでも残っている。
アドマイヤベガは1998年11月7日の新馬戦でデビューし1位に入線したが、斜行のため4着に降着となった。次走には未勝利戦ではなく、形の上で格上挑戦となる500万下特別のエリカ賞を選び、快勝。3戦目は、重賞のラジオたんぱ杯3歳ステークス(GIII)に出走し、これも優勝し2歳を終える。

1999年、3歳となったアドマイヤベガはクラシック戦線へ向かう。初戦は、皐月賞トライアルの弥生賞(GIII)に出走。ナリタトップロードに敗れるが、皐月賞(GI)の優先出走権を得る。皐月賞ではナリタトップロード・テイエムオペラオーとともに3強の1頭に数えられ、1番人気に推されるも6着に終わる。巻き返しを期した東京優駿(日本ダービー)に2番人気で出走し、優勝。競走馬の頂点に立ち休養に入る。

3歳秋初戦、菊花賞トライアルの京都新聞杯に出走し、優勝。しかしクラシック第3戦菊花賞(GI)は6着に敗れる。その後、左前脚の繋靭帯炎が発覚し引退した。

その後、早来町の社台スタリオンステーションで種牡馬となり、出し好成績を収めたが、その矢先に偶発性胃破裂の為死亡し天に召された。

2002年産
テイエムドラゴン (中山大障害(J-GI)、京都ハイジャンプ(J-GII)、阪神スプリングジャンプ(J-GII))
ストーミーカフェ (札幌2歳ステークス(GIII)、共同通信杯(GIII))
アドマイヤフジ (日経新春杯(GII))


今年、クイーンCを勝ち望む桜花賞を6番人気ながら勝ったキストゥヘヴンはこのアドマイヤベガの産駒である。
アドマイヤベガのセカンドヒストリーとして実はベガは双子であったと言われている。
しかし競争馬の双子が揃って、良積を残ることは不可能である為、人間によって出産前にに所謂『片方を潰す』という行為によってアドマイヤベガだけがこの世に生を受けたのである
もしもその片方がこの世に生を受けた場合、当然キストゥヘヴンもこの世に存在しなかった訳である訳であるから、今年の桜花賞の勝ち馬は違う馬になっていただろ。いわば歴史が変わっていた可能性もある。時に競馬は神様の悪戯の如きドラマチックな夢を展開する訳ではるが考え深い運命を感じたりもする。

4月16日、今年も皐月賞が開催される。
今年は粒揃いの精鋭18騎の決戦の火蓋が繰り広げられるるが、その中にベガの4仔のアドマイヤベガの全弟でもあるキャプテンベガも出走予定である。
天に召された一番人気に答えらなかった兄の弔いにキャプテンベガがどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみである。 先週終わりキャプテンベガに無印を思っていた私であるが、ここへ来てベガから始まるヒストリーはひょっとして、世紀末のダービー制覇はほんのエピローグであって、21世紀初めに驚愕のエンディングが準備しているのではないかという気持ちにさえなる。とりあえず、 競馬を愛する人達によって皐月賞の歴史は更新され、我々は歴史の伝承者になりうることは間違いではない。

   ベガ ( 牝 1990 鹿毛 トニービン ) 4勝
      1着 - 桜花賞(G1)、優駿牝馬(G1)
      3着 - エリザベス女王杯(G1)
| | |-- アドマイヤベガ ( 牡 1996 鹿毛 サンデーサイレンス ) 4勝
| | | 1着 - 東京優駿(G1)、京都新聞杯(G2)、ラジオたんぱ杯3歳S(G3)
| | | 2着 - 報知杯弥生賞(G2)
| | |-- アドマイヤボス ( 牡 1997 青鹿毛 サンデーサイレンス ) 2勝
| | | 1着 - セントライト記念(G2)
| | | 3着 - 産経大阪杯(G2)
| | |-- アドマイヤドン ( 牡 1999 鹿毛 ティンバーカントリー ) 5勝、地方5勝
| | | 1着 - 朝日杯FS(G1)、フェブラリーS(G1)、JBCクラシック(G1)、JBCクラシック(G1)、マイルChS南部杯(G1)、JBCクラシック(G1)、帝王賞(G1)、エルムS(G3)
| | | 2着 - ジャパンカップダート(G1)、ジャパンカップダート(G1)、マイルChS南部杯(G1)
| 3着 - ジャパンカップダート(G1)
   `-- キャプテンベガ ( 牡 2003 黒鹿毛 サンデーサイレンス ) 2勝、中央現役
a0017682_20431351.jpg

[PR]
by gaiya__SPW | 2006-04-11 19:45 | 競馬